2010年05月28日

Battle for Wesnoth日記49

前回はどうにかこうにかドラゴンを片付けたHaldricたち。
たぶん次もヤマタノオロチとかとんでもない怪物相手に戦わされるんだろうな・・・。

WS001262.JPG

で、次に選んだのは「トカゲとナーガの退治」。

文字通りに取ればトカゲとナーガ。散兵しか武器の無いトカゲと、水の中にいても精彩を欠く水生生物のナーガ。こりゃ楽勝か?

WS001264-2.jpg

で、とりあえずシナリオスタートです。

WS001264.JPG

お前が言うなと突っ込みたくて仕方なくなるトカゲの言葉。

まあ、でもトカゲからしたら人間なんて怪物だよね・・・。

WS001268.JPG

シナリオ条件としてはいつも通りの全滅作戦。

 

 

 

WS001270-2.jpg

という事でとりあえず召還をして兵を進めます。

敵軍は南西に緑軍と、北西に青軍。という事なので真東に陣を構える自軍は兵を2手に分けます。

WS001271.JPG

北軍はマップ中央を横断する河を渡って青軍の相手をしに。

WS001270.JPG

南軍はそのまま南下して緑軍の相手をしにいきました。

WS001267.JPG

今回のシナリオからついにレベル4の大魔道師が登場。16×4と最強クラスの火力を誇る魔道師です。

WS001272.JPG

対する敵軍はというと・・・なんじゃこの軍勢は。

トカゲに泥にナーガ。キャンペーン序盤じゃないんだから。

WS001273.JPG

WS001274.JPG

「討竜」と呼んで欲しい王子と、それに突っ込むチンピラ姫のやりとりも幕間に含まれます。

 

 

 

WS001275-2.jpg

WS001275.JPG

敵軍の層の薄さにびっくりしながらも、一応戦線を組んで相手してあげるHaldric軍。

WS001276.JPG

北軍も一応要害を取って敵を待ち受けます。

WS001277-2.jpg

ま、そんな感じでぬるーく進むのが今回のシナリオの特徴。

WS001277.JPG

なんせHaldric軍は13名しかいません。
通常は20名以上は召還するんですが、今回はこれぐらいで十分だろうとの判断。

WS001278.JPG

前回も登場した泥。

WS001283.JPG

Haldricが指摘するように、

WS001279.JPG

倒すとミニサイズ2体に分かれます。楽しいのでガンガン分裂させてやりましょう。
そして一気に火葬。

WS001282-2.jpgWS001284-2.jpg

と、こんな風に遊びながらも各地で敵のユニットを撃破して西進して行きます。

WS001284.JPG

南軍はようやく敵の本拠近くにまで着きました。

この後さっくりと倒して終了。

 

 

 

WS001286.JPG

一方北軍はと言うと・・・兵が少なすぎたのか苦戦しまくり。
重装歩兵が瀕死です。

WS001287-2.jpg

それでも何とかほとんどの敵を倒したと思ったところで、

WS001289.JPG

なぜか敵軍が突然召還を再開。
どうやら一軍倒すと、もう一軍が資金補給を受けるみたいです。

WS001289-2.jpg

突然の敵兵の南下に戸惑いを隠せない自軍。

WS001291.JPG

川を挟んであっという間に乱戦に。
相変わらず足の遅い重装歩兵が囲まれる。

WS001292.JPG

とまあ、いきなりのピンチもありつつ、なんとか撃破です。

次はちゃんと召還しよう。

posted by やどかり at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/151310779

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。