2010年04月30日

Battle for Wesnoth日記47

 WS001186.JPG

前回エルフのえらい人にいきなり評議会に連れてこられたHaldricたち。
今回のシナリオは会話のみです。あしからず。

 WS001187.JPG

えらい人1。血まみれの刀を持った気味の悪い黒ずくめです。

 WS001188.JPG

えらい人2。顔色の悪いエルフの女王様。

 WS001189.JPG

えらい人3。謎のおかっぱ修行僧。

 WS001192.JPG

えらい人4。顔に刀傷のある長髪エルフ。

・・・なんか人格的にまともそうな奴がいないなぁ・・・。
こんなのに頼っているとこちらの未来まで暗くなりそうです。どうしよう。

 WS001190.JPG

 WS001191.JPG

現在ドワーフともめているエルフたち。
ここは人間も交えて3者で話し合えば、とりあえずドワーフとの対立も避けられるかもしれないという考えのようです。

 WS001193.JPG

Haldricは自分たちは別に戦争をしに来たわけではないこと、土地を少しばかり譲って欲しいことを伝えます。

 WS001194.JPG

しかし簡単には信じてくれないエルフの王その4。

 WS001195.JPG

 WS001196.JPG

こちらの誠意が通じたのか、エルフの女王様が平地を与えてくれると提案してくれました!

今までろくに話し合いに成功してこなかったHaldricですが、ついに話し合いでの解決に成功!今までの失敗は全て今回のためだったんですね!

 WS001197.JPG

そんな喜びの中「試練を受けさせるべきだ」と言い始めたおかっぱ王。お前何言ってんだ。

 WS001198.JPG

しかも何だよなんで試練を一人一つずつ出していくんだよ。全体で一つでいいだろ。

 WS001199.JPG

 WS001200.JPG

 WS001201.JPG

やりたい放題のエルフの王たち。そりゃあんたたちは無理難題を言うだけだからいいだろうさ。

と、ここでふと思いました。
無理難題を押し付けられてこちらの力を削られるぐらいなら、今この場でエルフ討伐をしてしまえば・・・?

WS001197-2.jpgWS001201-2.jpgWS001198-2.jpgWS001199-2.jpg

王といっても所詮彼らはただのレベル3のユニットに過ぎません。べつに特別な力があるわけじゃない。

 WS001195-2.jpg

チート的火力のruby of fireをもつHaldricのほうがよっぽど強いと言える。

 WS001203-2.jpg

しかも彼らは配下を連れていません。彼らが油断している隙にこちらが一丸となって討ち入ればあるいは・・・?

 WS001202.JPG

まあ普通、そうは進まないわな。

結果、試練を受けることとなりました。

 WS001203.JPG

 WS001204.JPG

試練は王の数だけ、つまり4つあります。

ちなみに試練を受けるたびに特殊能力を持つ武器が手に入るのですが、その入手の順番にはルールがあるので、ここで順番を間違えて試練を受けると最後の決戦のときに不利になる・・・という事は何もないので、好きな順番で受けましょう。

posted by やどかり at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/148228068

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。