2009年11月09日

Battle for Wesnoth日記34

新シナリオ「Wesnoth建国記」(こっちがWikiのタイトルらしい)も2回目です。

前回は子離れできない王様と異常なファッションの王子がチンピラを片付けるというどっちが悪人か分からない話でしたが、今回はいよいよ西の大陸からやってきたオークたちとの戦いになります。

WS000783.JPG

オークとついに遭遇した王様。分が悪かったのか北から退却してきました。
よしここでがっつり食い止めるぞ・・・と言うのかと思いきや「我々の国を退避させねばならん」との弱気な発言。頑張ろうぜたかがオークじゃないか!

WS000784.JPG

しかし退避する南の道には先日のチンピラがたむろっているそうです。
だからあの時降伏など受け入れるなと・・・。

WS000785.JPG

「とにかく逃げるためにはチンピラを蹴散らさなくては!」という王様の判断が下りました。

WS000787.JPG

敵の必死な状況に勘付いたチンピラ。
そうですこのシナリオではあなた方だけが倒すべき敵なのです。

WS000786.JPG

そう言っているうちに北からオークがやって来ました。
ほんと言うとチンピラもオークも蹴散らしてやる!と言いたいところなのですが、敵のオークはレベル3のオークの将軍なんでね・・・。とにかく相手しないことに決定です。

WS000788.JPG

という事でシナリオスタート。
勝利条件はチンピラの首を取ること。敗北条件にチンピラがオークにやられてもダメというのが入っているので、とにかく急いでチンピラを血祭りに上げましょう。

 

 

WS000789-2.jpg

シナリオスタート時の状況がこちら。
自軍が赤、北の緑とピンクがオーク、南西の青がチンピラです。

WS000789.JPG

北にいる3体の自軍の兵士は重装兵
足は遅いものの、見た目どおり防御と打撃に優れています。スケルトンなんて相手にすると面白いように叩き潰してくれます。
ここでは北のオークの足止めなんて考えずに、とにかく南へ逃がして本隊と合流させること。

WS000790.JPG

とりあえず前回同様バランスよく雇用。
今回は北から敵が降ってくるので、ある程度雇用したらさっさと城を捨てて南に逃げます。

WS000792.JPG

一気に南へと進軍する自軍。

WS000792-2.jpg

なぜなら北から結構な数のオーク軍が降ってくるから。
北東のピンクの軍は山に阻まれるので移動に時間がかかるのですが、北西の緑の軍は道路沿いに下りてくるので移動が早い。こっちもぐずぐずしているとやられます。

WS000794.JPG

と言っているうちに背後から緑の軍の襲来が。
王様や重装兵を使って食い止めます。

WS000794-2.jpg

図で見て見ると結構やばい状況。ピンクの軍も結構来ている。

WS000795.JPG

なんとかこちらの前衛が敵の大将を捉えました。
チンピラはなんとリーダーなのにレベル1なので、ここは一気に勝負を決めます。

WS000796.JPG

WS000797.JPG

もう容赦がなくなった王様。

WS000798.JPG

WS000799.JPG

でも王子様は甘いチンピラの言葉に騙されて、うかうかと助けてしまいます。
ちなみにこの時助けないと75Gが手に入るそうです。

WS000800.JPG

勝手な言い分のチンピラ。

WS000802.JPG

ここで王様は自分が盾となってオークを食い止めるので、王子が民を率いて南に逃げろと言います。
最初はただの子離れできない王様かと思いきや、結構やる奴です。

posted by やどかり at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。