2009年06月24日

我解放されるべし

僕はディランも清志郎も好きです。

だから、清志郎がこんなカバーをしているのはいちファンとしてうれしい。
まさしくディランも清志郎も「我解放されるべし」と思い、それを表現してきた人たちだと思うから。

 

忌野清志郎×仲井戸"CHABO"麗市 / I Shall Be Released

 

ちなみに原曲はこちら。言わずと知れたBob Dylan。

イントロが物凄くかっこいいです。

 

よーく聞くと、チャボはきちんと原曲のギターを再現して弾いてます。
清志郎も歌詞は基本的に超訳なんですが、サビの「Any day now」を「いつの日にか」と訳してます。うまいですね。

posted by やどかり at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/122106466

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。