2009年03月08日

Battle for Wesnoth日記5

消えた魔術師を追え!という事で、南部防衛隊はずるずると敵の深みに向かって行進して行きます。
もう僕が部下だったら、こんな命知らずの上司は見捨てて逃げますね。

そんなこんな言いながら第5回。

【南部防衛隊 -霧の中の選択-】

 WS000053.JPG

勝利条件は「暗黒の川の南側の地域を調査する」との事・・・さっぱり分かりません。
まあどうせ敵を皆殺しにするか、どこかを占領するんだろうけどね。

ちなみにこのマップでは題名からも分かるとおり、霧がかかっていて視界が効きません。
まだ誰も訪れていない地域は真っ暗、誰かが通った地域は霧が晴れますが、また移動すると薄霧がかかって地形は見えても敵ユニットなどは見えなくなります。
霧が晴れる範囲は味方ユニットが1ターンで移動できる範囲内です。

 WS000055.JPG

自軍の本拠地はマップ北西。
とりあえずメイン部隊を召還し、南に向かわせます。

それと同時に、前回の戦いで手に入った「エルフのレンジャー」を2体召還。
彼らをマップ東へと向かわせます。

 WS000067.JPG

エルフのレンジャーは攻撃力も高く、森マップでは防御率も群を抜いて高い。そして森ではステルス能力もつくという万能キャラです。
今回はこいつらを使ってガンガンとマップ東の村を占領させます。

 WS000056.JPG

そうこうしているうちに、メイン部隊は川を渡っていよいよ暗黒の領域へ。

みんなびくびくしながら身を固めます。

 WS000057.JPG

そうしていると、キター!アンデットです。

どのゲームでもザコキャラとしてお約束のゾンビ。攻撃力も低いのでさっくり倒しましょう。

ネタばらししますと、このマップでは敵は3部隊います。

一つはマップ南のゾンビ部隊。自軍本拠地より南にまっすぐ行くと会えます。
もう一つはマップ東の盗賊部隊。川を渡ってからすぐに左に行くといます。
そして最後はマップ南東のアンデット。

なのでこのマップでは川を渡った段階で部隊を2つに分け、南のゾンビ部隊を壊滅させる部隊と東の盗賊部隊を攻める部隊に編成します。
ちなみに敵はそんなに強くないので、レベル2か3のユニットがメインの部隊なら楽勝です。

 WS000058.JPG

敵部隊を蹴散らします。

 WS000064.JPG

ハルバート兵の恐ろしい攻撃力。
追いはぎはうまくいっても半殺しに、連続ヒットしちゃうと容赦なく殺されます。

 WS000065.JPG

そうこうしているうちに、南へ向かった舞台は敵本拠地を発見。
なぜかボスもレベル1のゾンビなので、こんなザコじゃ経験値をもらえないとの怒りと共にハルバートで粉砕。

 

しかし、東に向かった部隊には恐ろしい運命が。

 WS000059.JPG

とか

 WS000060.JPG

が攻めてきました。

南の部隊はレベル1のゾンビとかを相手していればよかったのに、こっちはレベル2や3のアンデッド。
気を抜くと撃破されるので、慎重に囲んで倒します。

 WS000061.JPG

そうしているうちに、山賊の大将が同盟を提案してきました。

話によると、山賊もアンデットとは実は敵対している模様。
誘拐されたと思っていた魔術師がアンデットに魂を売り、今ではアンデットの親玉ととしてやりたい放題のようです。
山賊は自分たちの安全と地域の安全を求めてきました。

 WS000062.JPG

そしてGerrick卿もこの意見に賛成。

それにしても「我々が皆Westinに戻って安全になるまでは正義は置いておきましょう」って言う発言はまずいよ。

 WS000063.JPG

そしてよーく考えた結果、山賊と結んでエルフを失うのは嫌なので、山賊はアンデットごと滅ぼすことに決定。

その後数ターンで山賊は壊滅しましたとさ。

 WS000066.JPG

そしていよいよ南東にあるこのマップの本当のボスの所へ。
なぜか雪が積もっています。

 WS000068.JPG

ボスはこんな感じ。魔法使われると1ターンでボコボコにされる恐れあり。

 WS000069.JPG

という事で、肉体自慢の連中が特攻をかけます。

そして撃破。

 WS000070.JPG

シナリオ終わり際に、Gerrick卿が帰っちゃうことが判明しました。
せっかくの貴重な生きた盾がさようならです。

このゲームでは攻撃は次のパターンで行われます。

赤の攻撃青の攻撃赤の攻撃青の攻撃(以下お互いの武器で可能な攻撃回数分続く)】

ですので、こちらから攻撃しても敵の反撃を受ける可能性があるわけです。
こっちから攻撃したのに、手ひどい反撃を受けてしまうとか、時には反撃でこちらのユニットがやられてしまうことも。

そのようなことの無いように、相手によって有利な攻撃の仕方を覚えておきましょう。

このゲームでは攻撃方法は2つあります。
一つは【格闘】。大半のユニットが持っている攻撃方法です。
もう一つは【射撃】。これは弓兵や魔術師など、持っている兵種が限られます。

実は先ほど上げた

赤の攻撃青の攻撃赤の攻撃青の攻撃(以下お互いの武器で可能な攻撃回数分続く)】

【格闘】で攻撃したら反撃も【格闘】、【射撃】だったら反撃も【射撃】というルールがあります。

つまり、射撃を持たないユニットに対して射撃で攻撃した際には敵ユニットからの反撃は一切無いのです。
同時に、射撃が得意な魔術師などのユニットに対して格闘で攻撃したら、敵は得意な射撃が出来ず、格闘ででしか反撃できません。

なので、鉄則としては

「【格闘】のみのユニットには【射撃】で攻撃」
「【射撃】の得意なユニットには【格闘】で攻撃」

となります。今回のマップのボスも魔術師だったので、できるだけ射撃攻撃をさせずに、格闘で挑むことで倒せるのです。

posted by やどかり at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115303109

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。