2012年02月21日

歯医者記 -人はいかにして歯医者に通うか-5

先日突然痛くなった右下の歯と、それに付随して思いがけずに始まった歯医者通い(どうやら爆弾は用意周到に設置されていたようだったが)。

平日の朝、開院と同時に治療をしてもらって、その足で仕事に向かう。そんな感じで僕は通院を続けた。


 


現在僕の歯は「とりあえずお掃除」という段階にいるらしい。
席に座ると先生は挨拶もそこそこに前回詰めた詰め物をほじくり出し、針金に脱脂綿を巻き付けて僕の歯の中に突っ込む。

最初のうちは血がべっとり着いているが、数回繰り返すうちに脱脂綿は膿と血をきれいに取ってくれる。

そうすると注射器で薬を注入し、再びセメントみたいので塞いで終わりだ。所要時間約10分。

神経が抜かれているので痛みはない。しかしやはり恐怖感はある。

 


三回目か四回目の治療の時、いつも通り手早く治療を終えた先生は器具をカチャカチャと置きながらにこやかに言った。

「じゃあ、次回は親知らずを抜きましょうか」

 

来た。

 

敵がついに牙を剥いてきたのである。

膿んだ個所の治療なんて、彼からしたら小手調べに過ぎない。あくまで本丸は僕の口中に眠る四本の親知らずなのである。

「いや、でも先生「上の歯ならすぐ抜けますから。抜きましょう」

有無を言わせぬその勢い。

畳み掛けるその口調に、「どうせ虫歯だしな…」と弱気になった僕はついうなずいてしまったのだった。


「じゃあ次回!次回抜きますから!」

先生は堅く念押しして去っていった。

 
 
 

そして登場したのはいつぞやの歯科衛生士のお姉さんである。

最初の地獄の検査より全く音沙汰がなかったためすっかり忘れていたが、歯の治療と共に歯石の除去も継続的に行う事になっていたのだ。

「じゃあ(忘れてたけど)歯石の掃除をしますね〜」

彼女は歯科でよく使っているドリルみたいな器具のアタッチメントを手際よく取り替え、口を開けっ放しの僕の上に身を乗り出した。

 


 

 鈍いモーター音が響き、僕の歯に回転する何かが押し付けられる。

しかし、今の所痛みは特にないので安心する。

そうやってしばらく掃除を続けた後、彼女はドリルを置いた。僕はこれで終わりかとほっと一息ついたのだが、続けて彼女は凶悪な形態をした鉛筆の親玉、もしくは彫刻刀の親戚みたいなものを手にした。

つまりは機械で出来ない細かい汚れは手作業で取ってくれるのだ。

普段ならその丁寧な仕事を賞賛する所だが、いざ患者として口中にその鋭利なものを突っ込まれる側になると「適当でいいから!」と言いたくなる。

ここに来て数回目の非常に悪い予感がしてきた。

 


しかし彼女はそんな僕の気持ちには一切頓着せず、歯と歯の隙間にそいつを押し当てた。

カリっという音がして、歯石が削れる。

そして勢い余ったそいつはすぐ側の僕の歯肉に突き刺さった。

ものすごく痛い。刺さる度びくっと体が動くくらい痛い。

しかし彼女は頓着しない。次々に歯石を削り落とし、その際にかなりの確率で歯肉に穴を開けてくる。

頑固な歯石の場合には彼女も力が入るので、つい勢いも余りがちになり、突き刺さる深さも増している。

これを拷問と言わずして、何と言えばいいのだろう。

「あ〜、力を抜いて楽にしてくださいね」

無理。絶対無理。

 


我慢に我慢を重ねて、やっと治療の終わりにこぎつけた。ずっと力を入れていたため、全身の疲労がすごい。

「ちょっと血が出ているから」と言われて口を濯いだ所、吐き出した水は真っ赤に染まっていた。

「じゃあ、しばらくしてからもう一回今日と同じ掃除をしましょうね」

彼女は器具を片付けながらにこやかに言った。

親知らずの抜歯と歯石の除去。僕の口は果たして耐え抜けるのだろうか…。

posted by やどかり at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月01日

歯医者記 -人はいかにして歯医者に通うか-4

さて、後に残されたのは僕と歯科衛生士の二人である。

ちなみにこの歯科衛生士はけっこうかわいい女の子だ。
若干うきうきしている僕に彼女は再び口を開けるように指示をし、椅子を倒した。

「じゃあ、これから歯周病のチェックをしますね〜」

そう言うと彼女は先程の針金状の器具を手に取り、歯茎と歯の隙間に突っ込んだ。

 

瞬間ざくっと痛みが走り、思わず呻く。
しかし彼女は気にかける事もなく、続けざまに数回針金を突っ込む。

要は歯肉の盛り上がり具合を確認する検査らしいのだが、それにしても荒っぽい。
刺されるたびにずきっと痛みが走るので顔をしかめざるを得ない。痛みに堪えるため左手の甲をギュッとつねる。

 

段々と冷汗が流れてくる。

しかもなんと、この検査は歯を一本ずつ調べていくのだ。

一本の歯につき数回針金を突っ込むので、都合最低数十回は痛みを我慢しなくてはならない。

 

 

 

気が遠くなるような十数分間が過ぎた後、「はい、終わりました」の声をかけられて僕はのろのろと起き上がった。
シャツの背中は冷汗でぐっしょりだ。

水をもらって口を漱ぐと水には少なからぬ血が混じっていた。

「歯周病もそうですけど、歯石が溜まっていますね。次からは歯と歯茎の隙間の歯石まで取りましょう」

何だか恐ろしい事になってきたようである。
とにかく今は「歯と歯肉の間」というフレーズは聞きたくない。

 

 受付で代金を払い、次回の予約をする。治療時間は30分程だった。

これからあとどれくらいかかるのか…?
思いがけずに始まった歯医者通いの日々にため息をついて、とりあえず僕は仕事に向かったのだった。
(朝一で行ったからこれから仕事なのだ)

posted by やどかり at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月29日

歯医者記 -人はいかにして歯医者に通うか-3

親知らず。

 

だいたい二十歳ぐらいにようやく生えてくるので親もそれを知らないためにそんな名前がついているが、僕の場合もはや本人も生えている事を知らなかった。

レントゲンの結果、どうやら僕の口中には親知らずが四本あるそうである。
うち左下一本は肉に埋まったままであり、右下は半分顔を出している。上二本はしっかり顔を出しているが両方とも虫歯らしい。

「親知らずが生えているといろいろ大変だからね。抜きましょう

なにか雑草を抜くかのようにあっさりと言うが、相手は僕の歯だ。
それに親知らずを抜く大変さはいろいろと伝聞で伝え聞いている。抜歯後に張れて何も食べられなくなったとか、抜くのに何時間もかかったとか、ひどいのは途中で麻酔が切れて死ぬかと思ったとか、いろいろだ。

 

 

断固拒否!という顔をしている僕を見て、先生は説得を始めた。

「親知らずが生えていると大変なんですよ。上二本はそもそも虫歯だし、右下も中途半端に肉がかぶってると虫歯になりやすいですよ。虫歯になると痛みますからね、早めに処置しましょう」

つまり先生の言うには
【中途半端に肉のかぶった親知らずは虫歯になりやすい】→
【親知らずが虫歯になると痛い】→
【だったら虫歯になる前に抜こう!】という事である。

 しかしこれは「予防」という名を借りた排除ではないか。

痛くもなっていない歯を「痛くなると大変だから」と抜いてしまう、まるで強者アメリカの論理である。
そもそも8020運動(80歳まで20本の歯を残そう運動)の立場はどうなるのだ?

 

 

しかし先生も熱心だ。営業マンのように抜歯のメリットをたたみかけてくる。

夜もよく寝られず痛みに苦しんでかなり消耗した僕は既に「とりあえずこの場が納まれば何でもいい」状態に陥っており、はあそうですねぇと返事を濁してその場を乗り切った。

先生ははかばかしい返事を得られなかった事に若干不満だったようだが、説得は次の機会に回す事にしたらしい。
歯科衛生士を呼ぶと指示を出し、後はよろしくとばかりに去っていった。

posted by やどかり at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。